クラッツィオ ウルトラ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 サニー(1994~1998 7人乗り シートカバー プライム ブラック - cosmstretchmarktcoupons.net
 >  > クラッツィオ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 7人乗り シートカバー プライム ブラック

クラッツィオ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 7人乗り シートカバー プライム ブラック

送料無料 weds ライツレーXS 215/50R17 輸入タイヤ 4本SET TRD採用ブランド ヴォルツ エクシーガ

高性能コンピュータ技術の基礎

Hisa Ando

出版社:
マイナビ
判型:
A5判
ページ数:
272ページ
発売日:
2011/06/24 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥1,955 税込)

還元マイル:195マイル





コンピュータの歴史は「高性能化の歴史」
高性能で低消費電力なコンピュータの設計技法について解説。
プロセサだけでなく一般的な高性能ディジタルLSIを設計する際にも役に立ちます。

クラッツィオ ウルトラ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 サニー(1994~1998 7人乗り シートカバー プライム ブラック


1章で KOYORADレーシングラジエーター(TYPE-R)トヨタ マークII系 JZX110 1JZGTE 用,コンピュータの性能向上のトレンドについて触れ、
2章 HURRICANE ハリケーン ハンドルキット スーパートラッカー ハンドルセット カラー:クロームメッキ XJR400R,3章では、複数の命令を並列に実行する「スーパスカラ」,データ待ちなどの命令を後回しにして実行する「アウトオブオーダ実行」,条件分岐の方向を予測して実行する「投機実行」などの高性能化技術について詳しく説明します。
4章では、複数のプロセサを使う「マルチプロセサ」とそれに伴って必要となる「キャッシュコヒーレンシ制御」などについて説明します。
アウトオブオーダ実行や分岐予測などの機構の実現には ,多くの状態の記憶や一致検出などの回路が必要であり,ムーアの法則によるトランジスタ数の増加でこのような機構の実装が可能になってきたことが理解できます。

1990年代から高性能化機構のマイクロプロセサへの実装が開始され プロックス ピストン・ピストン周辺パーツ PROX 鍛造ピストン YAMAHA用 (PROX PISTON FORGE FOR YAMAHA【ヨーロッパ直輸入品】) Φ94.96mm,現在でもその改良が続いています。マイクロプロセサの消費電力が100Wを超え,トランジスタを注ぎ込み高性能化を目指す方向の発展が難しくなってきました。
こうした新たな状況より,2000年代からは,「マルチコア化」「マルチスレッド化」や「仮想化」に対するニーズが強くなり,コンピュータのマイクロアーキテクチャに影響を与えてきます。5章では TT4 ランドクルーザー100 フォグランプ LED 丸4灯 LED青,これらの最近技術を取り上げます。

また,データセンタでは運用コスト面から消費電力低減が強く求められ 135/80R13 70Q BRIDGESTONE ブリヂストン BLIZZAK VRX2 ブリザック VRX2 SCHNEDER StaG シュナイダー スタッグ スタッドレスタイヤホイール4本セット,

クラッツィオ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 7人乗り シートカバー プライム ブラック

ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 7人乗り シートカバー プライム ブラック

メーカー:クラッツィオ Clazzio



メーカークラッツィオ
メーカーコードET-1581
備考【ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 7人乗り シートカバー プライム】

【適合】
■車種
ヴォクシー/ヴォクシーハイブリッド
■年式
2017/7~ (H29/7~)
■定員
7人
■型式
ZRR80G / ZRR80W / ZRR85G / ZRR85W / ZWR80G / ZWR80W
■グレード
・ZS / V / X
■シートパターン
・ヘッドレスト総数:7
・1列目肘掛:2
・2列目肘掛:4
・サイドエアバッグ:○

※サイドエアバッグについて
○ ・・・ 装着可※サイドエアバッグが装備されていない車両への装着もできます。
× ・・・ 装着不可
■適合形状
・快適温熱シート装備車・未装備車、共に対応
※シートカバーを装着することで3列目シート跳ね上げ時、車体側にロックをかける際、シートを車体側に押すサポートが必要になります。
※カバーは上記の作業に考慮して、最小限の厚みにしています。

■適合不可
・ウェルジョイン

【注意事項】
※【受注生産品】の為、納期1-1.5ヶ月となりますのでご理解の上ご注文お願い致します。

※イメージ図だけでは適合の確認は取れません。
※ご注文の際は、確認承諾事項欄にお客様の車両情報をご記入下さい
■車種:
■初年度登録年/月:
■型式:
■グレード:
※ご記入無い場合、適合不可による返品はお受けできませんのでご注意下さい。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
※こちらのメーカーは、オートバックス店舗受け取り不可となります。ご了承下さい。

【シートカバー装着時に関しての注意事項】
※クラッツィオシートカバーはフィッティング重視の為、多少きつい部分が御座います。
※無理に取付けを行いますと生地の破れや切れ、取付けパーツ破損の恐れがございます。
※取付けの際は説明書をよく御覧になりカバー全体に均一に力をかけて取付けくださるようお願い致します。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
車種80/85 ヴォクシー
AS商品コードczz12442422e44
発注・納期について・発注の仕組み
 当店では、商品名中に【即納】【在庫処分品】表記のない商品は、注文後メーカーへ発注します。
 従いまして、商品によっては納期が長くなる場合がございます。

・納期について
【即納】【在庫処分品】: 概ね1週間以内
 それ以外のもの: 2週間以上

 ※発注後はキャンセルができません。
 ※注文を頂いた後、納期のご連絡をしております。
 ※納期確認後に注文を確定するかキャンセルするかを決定したい場合には、
  注文時に「納期連絡の際に希望されるご対応」から希望のものをお選びください。


キーワード80 85 ヴォクシー voxy ボクシー トヨタ TOYOTA トヨタヴォクシー TOYOTAヴォクシー トヨタ80/85 ヴォクシー トヨタ80/85ヴォクシー TOYOTA80/85 ヴォクシー TOYOTA80/85ヴォクシー トヨタVOXY TOYOTAVOXY、Clazzio クラッツィオシートカバー、seat cover/シートカバー/インテリア/内装/ドレスアップ、エアロパーツ チューニングパーツ アフターパーツ AERO


,利用の広がる携帯機器では電池寿命の点でプロセサの消費電力低減が強く求められています。「省電力化」の技術は最近のマイクロプロセサの設計では一番重要な設計目標となってきており,第6章ではこれらの技術について説明します。

既刊の『コンピュータ設計の基礎』(ISBN978-4-8399-3753-9)では,パイプラインやキャッシュなどの基本的なコンピュータの構造と演算器を中心に説明を行っており,本書で前提となる知識を確認することができます。

高性能コンピュータ技術の基礎|Hisa Ando|


1章 コンピュータの高性能化
1.1 コンピュータの性能向上トレンド
1.2 高性能プロセサの設計

2章 複数命令の並列実行
2.1 スカラ方式とベクトル方式
2.2 複数の命令を並列に処理するスーパスカラ方式
2.2.1 複数命令の並列デコード
2.3 アウトオブオーダ実行
2.3.1 アウトオブオーダ実行での問題点
2.3.2 スコアボードによるアウトオブオーダ実行
2.3.3 Tomasuloアルゴリズム
2.4 アウトオブオーダ実行を可能にするメカニズム
2.4.1 WAR,WAWハザードを解消するレジスタリネーミング
2.4.2 スーパスカラプロセサのリネーミング処理
2.4.3 リザベーションステーション
2.5 インオーダ完了を実現するリオーダバッファ
2.5.1 独立のリオーダバッファを用いる方式
2.5.2 単一レジスタファイルを用いる方式
2.6 コミット機構と命令のコミット
2.7 ロードストア命令の処理
2.7.1 ロード,

クラッツィオ ヴォクシー/ハイブリッド 80系 後期 7人乗り シートカバー プライム ブラック

,ストアキュー
2.7.2 メモリディスアンビギュエーション
2.8 命令の並列実行を助けるキャッシュ
2.8.1 ノンブロッキングキャッシュ
2.8.2 ストアコンプレッション

3章 予測に基づく投機実行
3.1 条件分岐の方向の予測
3.1.1 分岐予測の考え方
3.1.2 ダイナミックな分岐予測
3.1.3 ローカル履歴を使う2レベル分岐予測
3.1.4 重なりによる分岐予測の干渉
3.1.5 グローバル分岐予測
3.1.6 Gshare方式
3.1.7 ハイブリッド予測
3.2 予測ミスからの回復
3.3 分岐先アドレスの予測
3.3.1 分岐先アドレスをキャッシュするBTB
3.3.2 リターンアドレススタック
3.3.3 分岐予測をすべきか
3.4 トレースキャッシュ
3.4.1 ミシガン大学のトレースキャッシュ
3.4.2 Intelのトレースキャッシュ
3.5 投機的なメモリアクセス
3.6 ロード命令で読まれる値の予測

4章 複数のプロセサで処理を高速化するマルチプロセサ
4.1 マルチプロセサのメモリアクセス
4.1.1 メモリアクセスの調停
4.1.2 マルチバンク化によるメモリバンド幅の改善
4.1.3 マルチプロセサでのキャッシュ共用
4.2 キャッシュコヒーレンシ
4.2.1 キャッシュ間のコヒーレンスの維持
4.2.2 MSIプロトコル
4.2.3 MOSIプロトコル
4.2.4 MESIプロトコル
4.2.5 MOESIプロトコル
4.2.6 キャッシュスヌープとインクルージョン
4.3 キャッシュラインのフォールスシェアリング
4.4 プロセサ間接続バス
4.4.1 スプリットトランザクションバス
4.4.2 バスインタリーブとクロスバを用いる高性能プロセサ間接続
4.4.3 ポイント ツー ポイント接続
4.5 スヌープフィルタ
4.5.1 Excludeフィルタ
4.5.2 Includeフィルタ
4.5.3 スヌープフィルタを用いたシステム
4.6 ディレクトリベースのコヒーレンス機構
4.7 メモリアクセスの排他制御
4.7.1 アトミックなメモリアクセス命令
4.7.2 Dekker's Algorithm
4.8 メモリオーダリング
4.9 トランザクションメモリ
4.10 ローカルメモリと分散メモリ
4.10.1 ローカルメモリとキャッシュメモリの違い
4.10.2 分散メモリシステム

5章 最近のマイクロアーキテクチャの発展
5.1 マルチコアプロセサ
5.1.1 ムーアの法則とデナードスケーリング
5.1.2 消費電力の制約
5.1.3 マルチコア化による性能向上
5.2 マルチスレッドプロセサ
5.2.1 マルチスレッドプロセサの歴史
5.2.2 実行するスレッドを切り替えるVMT
5.2.3 複数スレッドの命令を混合するSMT
5.3 プリフェッチとスカウトスレッド
5.4 仮想化
5.4.1 ユーザ状態とスーパバイザ状態
5.4.2 割り込み処理
5.4.3 仮想マシンモニタ
5.4.4 仮想化と入出力
5.4.5 仮想化のメリット
5.5 最近のマイクロプロセサの全体構造

6章 省電力設計
6.1 プロセサはなぜ電力を消費するのか
6.1.1 CMOSトランジスタ
6.1.2 CMOSスタティック回路
6.1.3 負荷容量の充放電で電力を消費
6.2 負荷容量の低減
6.2.1 トランジスタの寄生容量
6.2.2 配線容量
6.2.3 トランジスタサイズの最適化
6.3 電源電圧の低減
6.3.1 Dynamic Voltage Frequency Scaling
6.3.2 低電圧動作の限界
6.3.3 クロック周波数のターボブースト
6.4 スイッチ回数の削減
6.4.1 論理回路のスイッチ回数
6.4.2 不要な動作を抑えるクロックゲート
6.4.3 回路動作を減らすマイクロアーキテクチャ
6.5 CMOSダイナミック回路と電力消費
6.6 スタティックな電力消費とその削減
6.6.1 ショートサーキット電流
6.6.2 漏れ電流
6.6.3 パワーゲート
6.6.4 ボルテージアイランドとレベルコンバータ

まとめ
参考文献



ページ先頭へ {yahoojp} {shinanobook.com}
コンピュータ設計の基礎
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-28809