>  > 【送料無料】 185/65R14 14インチ INTER MILANO インターミラノ AZ-SPORTS YL-10 5.5J 5.50-14 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01F SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。

【送料無料】 185/65R14 14インチ INTER MILANO インターミラノ AZ-SPORTS YL-10 5.5J 5.50-14 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01F SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

Home>コラム

【送料無料】 185/65R14 14インチ INTER MILANO インターミラノ クラッツィオ AZ-SPORTS YL-10 5.5J 5.50-14 YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01F WinmaX SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

コラム一覧へ

2010年11月01日 by 豊田 尚吾

AE-01F ヨコハマ 5.50-14 インターミラノ AZ-SPORTS サマータイヤ 185/65R14 SALE ブルーアース 14インチ ホイール4本セット YOKOHAMA INTER YL-10 MILANO フジコーポレーション インターミラノ 5.5J AE-01F 【送料無料】

 科学研究所に所属しておられる方のお話を聞く機会がありました。このところ ズーム スーパーダウンフォースC 1台分 ダウンサス セリカ TA27 ZTO092002SDC Zoom ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】、凶悪犯罪は減少傾向にあるそうですが KYB(カヤバ) ショックアブソーバー Lowferスポーツ フロント/リアSET 1台分 ミツビシ コルト 形式:Z25A 排気量:1.3Lガソリン 年式:02/10~ WST5256RL/WSF2074、それでも殺人は年に約1,300件も発生しているとのことです。金額換算できる対物犯罪の規模は1年に2200億円超、そのうち約60%が窃盗、約3分の1がのというデータも示されていました。

 お金で換算できないや、対物犯罪でも精神的な苦痛を考えると、社会において犯罪を少なくしていくことは、よりよい生活には不可欠であるのは間違いありません。高齢者を狙ったが人口の高齢化とともにますます拡大していくことが懸念されます。犯罪リスクのマネジメントには様々な方法がありますが、お話しの中で興味深かったのは「集合的効力感」についてです。

 聞き慣れない言葉ですが、集合的効力感の定義は「公共のために介入する意思と結びついた、近隣住民相互の社会的凝集」だとのことです。“凝集”とは簡単に言えば“集まり”を意味します。この定義は難しくてよく分かりませんが、要は「健全なコミュニケーションのあるコミュニティにおける、そこに貢献しようという住民の意識の集合」 [ホイール1本(単品)] AME / MODELART BRAZZER (BKF) 20インチ×10.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:37、もっと簡単に言えば YOKOHAMA ヨコハマ ブルーアース AE-01 サマータイヤ 175/60R16 WEDS ウェッズ Kranze クレンツェ Graben Klein Form ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +45 4穴 100、よいご近所付き合いのあるコミュニティ、といったところだと思います。

 アメリカのシカゴでの研究では 、集合的効力感が強い地域では暴力犯罪発生率が有意に低くなるという結果が得られているそうです。集合的効力感をどのように計測するのかは定かではありませんが、恐らくその地域の住民にアンケートなどを実施して、その意識から集合的効力感に近い構成概念を抽出しているものと想像できます。

 その技術的な詳細はともかく、健全なコミュニティでは暴力が抑制されるという因果関係は自然に受け入れられることができるのではないでしょうか。それに対し、日本の研究では地域の集合的効力感と住宅対象侵入盗との関係を調査しています。千葉県市川市のデータを用い、相関係数およびパス解析のパラメーターが有意であったという結果をもとに、「集合的効力感が犯罪の抑止に効果的である」との結論を導いていました。

 シカゴの例のように暴力犯罪はその地域の住民自身が主な加害者であるはずですから、健全なコミュニティにおいてはそれが抑制されるという論理は理解できます。しかし、千葉県の例のような、住宅対象侵入盗の場合はどうなのだろう、と疑問を持ちました。

 といいますのも、住宅侵入盗、すなわち泥棒はその地域住民が実行するのではなく、外からやってくるものです。そうであるならば、地域コミュニティの構成員である住民の仲がよくても、あまり関係ないのではないでしょうか?

 ということで、そのお話をしてくださった方に伺いにいきました。その時の答えは、集合的効力感が強いということは、地域に関心を持つ人が多く、ある意味で監視の目が豊富にあるということにつながる。泥棒は犯罪の意思決定をする場合、(1)地区を決め、(2)次に街路を決め、

、(3)その次に敷地を選択して、(4)最終的にどの建物に入るかを絞り込む。このような意思決定の流れがあり、ずる賢い泥棒は、どの地区にするかを決める時点で TAKE OFF/テイクオフ オリジナルフロアマット ムーヴ/ムーヴカスタム L150S/L152S/L160S ブラック、そのような相互監視の行き届いた場所を避ける傾向がある。その結果として地域の犯罪が抑制される、とのことでした。

 確かに集合的効力感の定義に“公共のために介入する意思”と明確に記されていますので、そのような相互監視機能が存在するのでしょう。

 このような集合的効力感と、いわゆるソーシャルキャピタル(社会関係資本)というのは深く関係しているのではないかと感じました。生活を充実させ、幸福感を享受するための必要条件として、住まいを取り巻くコミュニティが健全であることが挙げられるからです。

 そう考えると、集合的効力感は努力して獲得していかなければならないものであると、あらためて感じます。もう一度集合的効力感の定義を見直してみますと、「公共のために」、「介入する」、「意思」、「相互の」、「社会的凝集」という重要な語が並んでいることに気がつきます。やはり自らが積極的に社会に関与していくという意思と行動が重要だということなのでしょう。

 といってもそんなに難しいことではなく、まずは道で会ったときに挨拶する、といったことから始めればよいのです。もっとも、現代社会においては「おはようございます」の一言がなかなか出にくい“地域”もあるようです。

 筆者も以前、単身赴任で集合住宅に住んでいたとき、挨拶しようにも全く隣近所の人に出会うことがないという経験をしました。1年ほど住んで、実際、顔を合わせたのが隣の人で2回ほど、階下、階上の人に至っては引っ越しの挨拶の時だけで、それ以外一切会うことはありませんでした。

 もちろん単身赴任なので、週末は実家に戻ることが多かったということもあるのでしょう。しかし、このような状況だと、コミュニティにコミットするといってもなかなか難しい、ということになります。

 とはいえ、ソーシャルキャピタルや集合的効力感といったキーワードが流布し、その効用が理解されることによって、多くの生活者がそれに関心を持ってくれるのではないかと楽観しています。もちろん、ただ手をこまぬいているだけでは駄目で、様々な仕掛けや施策を考える必要はあると思います。CELではそのようなコミュニティの活性化も重要なテーマだと考え、研究員の中にはそのような課題に積極的に取り組んでいる者もおります。是非一度、レポートや原稿などをご覧いただければと思います。

 いずれにせよ、防犯の世界で、「集合的効力感」という言葉が関心を集めつつある(?)ことを知ったのは一つの収穫でありました。

Vol.121

【特集】ルネッセ 今とこれから

情報誌「CEL」は、116号から120号まで5回にわたって「ルネッセ(再起動)」...

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-84711